瑞希生誕祭(2013/10/15 研究生公演)

この日は15期研究生、土保瑞希ちゃんの生誕祭でした。瑞希ちゃんはデビューして早々、MCがうますぎて話題にもなりましたし、個人的にも驚きました。瑞希ちゃんは久々の大阪出身。ゆったん以来かな?と思いましたが、調べてみると3期生の井上奈瑠ちゃん以来のようです。いずれにしても久々の大阪出身ですが、小さいころに離れたのか(どうかわかりませんが)*1、普段はまったく大阪弁が出ず、標準語です。家族と話すときは大阪弁のようですね。瑞希ちゃんは15期研究生で最年長で、15期のお姉ちゃん?お母さん?おばあちゃん?的存在ですw

f:id:intothebunker:20131108010605j:plain

 

それでは「水夫は嵐に夢を見る」後MCから。

f:id:intothebunker:20131108010627j:plain

福岡「瑞希は、いつでも全力で、パフォーマンスとかも、MCのお題とかもよく考えてきてて、すごく尊敬しています!(客席歓声&拍手)」

前田「真面目だよね」

市川「聖菜、最近ずっと瑞希瑞希瑞希瑞希だもんね。メールでも『瑞希に会いたい』しかうちに送ってこないんですよ(客席笑)。普通さ、『明日なにやる?』みたいな感じで送ってくるじゃないですか。『瑞希に会いたい』。私に言われてもってなりますよね(客席笑)」

f:id:intothebunker:20131108010635j:plain

湯本「自分の中では瑞希が一番仲良いと思ってるんですけど、瑞希思ってる?」

土保「思ってる思ってる(客席笑)。違くてですね、最近、亜美は愛美といるときも多いから、榛香もすごい瑞希瑞希って言ってくれてるから、今ブログとかでは榛香と一番仲良いですって言っちゃってるんですけど、まあ亜美も仲良いと思ってるよ」

湯本「亜美“も”?」

土保「亜美“も”!」

市川「ついで(笑)」

土保「違う違う、亜美・・・」

湯本「あっ、わかった。あっ、仲良いよね(客席笑)」

茂木「みんな仲良いんだよね」

北澤「こみはるちゃんが・・・。こみはるちゃんが複雑な表情してますけど(客席笑)」

込山「だって、瑞希は、こみはるが一番仲良いって、言ってたから・・・」

土保「そう、だから、榛香も、榛香が一番仲良いんだけど、一番仲良いんだけど、亜美も仲良いの(客席ざわざわ)」

茂木「今から修羅場になったら(客席笑)」

高島「修羅場修羅場、やめよう」

市川「ホテルとかも一緒の部屋だったんですよ」

高島「・・・いやみんな仲良いよね!(客席笑&拍手)」

湯本「それでですね、瑞希は仲良いから、結構真剣な話とかも、高校生組だから、結構年齢も近いし、今時の悩みって言っちゃあれだけど(笑)。そういう話をすると結構ほんとに真面目に相談乗ってくれたりとか。考えることが一緒だし、同じホテルとかで一緒になると(笑)」

土保「なんで笑ったの?(客席笑)」

湯本「ママが大好きで」

村山「茂木ちゃんと一緒じゃん」

土保「違うんですよ。よく電話をするんですよ、ママと。仲良いから『こうやってん』ってみたいな、電話をするだけで。別に、ママ大好きなんです・・・まあ間違ってないですけど(客席笑)」

湯本「ほんとに瑞希に会うと必ずママに会いたいとか言うんですけど」

土保「言ってない、言ってないですよ」

市川「意外な一面」

湯本「意外な一面もあるんですけど、15期の一番上だし、お姉さん的存在で、みんなをまとめてくれるから、大好きです」

f:id:intothebunker:20131108010644j:plain

込山「私は、瑞希の一番仲良い子なんですけど(客席笑)。一番仲良い子なんですけど、瑞希は細かい真面目ちゃんなんですよ。踊りで1ヵ所ができないだけで、『あーもう私は踊りができないんだ』って泣いちゃったり。15期で誰かが喧嘩しても、自分は喧嘩してないのに『仲直りしてよ』って泣いちゃったりとか。ほんとに良い子で、こみはるが一番大好きです(客席笑)」

f:id:intothebunker:20131108010651j:plain

岡田彩「私は後輩の中で一番好きなんですけど、瑞希」

土保「えっ、ほんとですか?!」

岡田彩「唯一遊びにいったり相談したりする人なんですよ、私にとって。後輩で。毎回来てくれるのが嬉しくて。結構怖いとか言われるんで、私が。他の子に(客席笑)。だけど、すごい来てくれるんで、ずっと一緒にいたい人です(客席歓声)」

土保「彩花さんは、『おはようございます』って言って『おはよう』ってなって。今日とかだと、歌割りが一緒のことが多くて、そしたら『うわ、今日歌割り一緒じゃん!』みたいな感じですごいツンデレな一面があったんですけど、ほんとは思ってたんですね」

岡田彩「そうだね〜(客席笑)」

f:id:intothebunker:20131108010658j:plain

岡田奈「さっき話したみたいに、めっちゃ泣き虫なんですよ、瑞希ちゃんは。とにかく毎日泣いてるんじゃないかっていうくらいすごい泣き虫なんですけど、だからすごい溜め込んでる感じがして。私たちからすると。だからたまには相談とかもしてほしいし、いろいろ、なんでもね、楽しいことでもいっぱい話せたらいいって思います」

f:id:intothebunker:20131108010703j:plain

湯本「榛香が泣いてる」

メンバー「なんで?!」

湯本「私が一番仲良いとか言っちゃったからかな(客席笑)」

込山「違う(笑)。瑞希はいつも相談役、聞いてくれる方だから、みんなにも相談してほしいです(泣きながら)」

市川「相談役とか言ってるんですけど、たぶん15期の中で一番泣き虫で、一番泣いてるんですよ。レッスンのときも1曲ずつ、1曲ちょっと1個できないと1曲目で泣くし、2曲目も泣くし、3曲目も泣くしみたいな(客席笑)。それを慰めるのが私なんですよ。高2が中2に慰められてるんですよ(客席笑)。そういう一面もあるんですけど、ほんとに15期をまとめてて。こういうふうに榛香が泣いちゃったりとかすると、一番先に駆け寄ってどうしたのとか言ってくれるし。私もそうなんですけど、私と瑞希と亜美と一緒に聖菜のダンスを教えたりとか、ほんとみんなで・・・。なんていったらいいんだろう。瑞希はほんと思いやりのある人なんですよ・・・(会場静寂)。あれ?(客席笑)。みんな大好きだよね!(メンバー『大好き!』)」

 

そして生誕祭です。仕切りは15期で一番仲良いこみはる、ではなくゆあみですw

f:id:intothebunker:20131108010711j:plain

土保「(16歳の1年について)やっぱりこの16歳は、人生を大きく変えた、AKBに入ったことがあって、そこから生活環境も180度?360度?(客席笑)、変わって。今まで普通の人だったら経験できないような経験とかをたくさんさせてもらって。15期生で、新しく入ったばっかりなのに、日産スタジアムとか武道館とかドームツアーにいきなり出演させていただいて、すごい恵まれた環境にいることを改めて実感しているのと。あとは、やっぱり表現力の難しさとか、そういうのはやっぱり入ってみないとわからなかったことなので、そういう細かいところとかもAKBに入ってわかったし。つい最近だとチームKさんの公演に亜美と愛美と出させていただいたんですけど、残念ながら一部出演になってしまって。なので、次もしリベンジできたら、リベンジという名の恩返しをしたいなと思っているので、待っていてほしいなと思います。15期は・・・(こみはるの方を見て)榛香(客席笑)。15期は、さっきもいろいろ言ってくれたんですけど、自分で言うのもあれなんですけど、私のことを大好きって言ってくれる15期もいっぱいいるし、好きな先輩もたくさんいるし。Kさんのときは周りが慣れないじゃないですか、先輩も。だからフリとか立ち位置とか不安もあったから、なんていうんですかね・・・。雰囲気が慣れてないっていうのがあったから、Kさんのが終わったときに、1人でも4さんの名前を見たら落ち着いたっていうかホッとした自分もいたし、身近な先輩が13期さん、14期さん、峯岸さんでよかったなって思ったし、周りの友達とか家族とかメンバーとかの温かさをすごい感じられた1年でした(客席拍手)」

土保「(17歳の1年について)入ったばっかりなので、まだこうやって出てても。だから、先輩の良いところとかすごいところを徐々に徐々に盗んで、『土保瑞希ってあのすごい子か』って言われるぐらい全てにおいてすごくなりたいし、15期は、17歳になってまたおばあちゃんって言われると思うんですけど、おばあちゃんなりにみんなをまとめていきたいと思うし、子供たちを(客席笑)。もっと仲良くなれたらいいなと思うし。榛香も一番仲良いし、亜美も仲良いし、みんな仲良いんだよ(こみはるを見ながら)。でも榛香とはよく一緒に帰るから、まあほんとに一番仲良いといえば仲良いし。今年は、大きく言うと、全てにおいて成長したねって言われる1年にしたいなと思います(客席拍手)」

土保「(ファンに対して)幕が開いて、『わお』と思ったんですけど。一色とかじゃなくて、カラフルなんですよ。それが今までにないというか、すごい嬉しくて。あと恒例のパキパキ鳴るサイリウムの音が(客席笑)、『おっきたこれ』と思って。ユニットの『ジャンヌダルク』のときは真っ赤で、戦士みたいな歌だからすごい合ってて、この赤を選んでいただいて嬉しかったし、真っ暗になったときの赤いのがぶわーってある感じもすごい綺麗だったし。AKBに入って、こんなにも素敵なファンの皆さんが、私に、私の、私?うん?私の、私に、私の(客席笑)、私にこんな素敵なファンの方が、私に(客席笑)。私の、私・・・のことを好きになってくださる方が、こんなに素敵な人だった・・・うん?(客席笑)。素敵な人だったので、すごい感動したし、手紙とかでも応援だけじゃなくてこうした方がいいよとかいうアドバイスもすごい嬉しいし。好きだよとか推してるよとかいう言葉だけじゃなくて、いろんなとこを見てくださってるんだなと思うと、嬉しいんですよ。なんだろう、なんていったらいいかわかんないけど、ほんとに素敵な生誕祭で、素敵な誕生日プレゼントになって、ほんとに嬉しいです」

 

まさか瑞希ちゃんがこんなに言いよどむとはw まあそれだけ言いたいことがあったのでしょう。おばあちゃんだなんだと言われますが、同期に愛されてますね。しかしこみはるはめんどくせえなw

*1:前の記事を見返してて思い出しましたが、小5で引っ越したと言っていましたね。