AKB48グループドラフト会議開催決定

先日の京セラドームコンサートで発表された「AKB48グループドラフト会議」の開催。コンサートでも流された開催告知の動画がアップされてすぐに削除されたようですが、他の動画共有サイトにアップされていますので、ひとまずそれを書き起こしてみたいと思います。

 

———8月。AKB48グループの心臓部ともいえるメンバーが集まった。総監督、全チームキャプテンと、支配人たちである。この重要な会議にカメラが入ることを許された。がしかし、カメラがとらえた表情はいつもとは違い、皆どことなく固い。チームをよりよくしていくために、なにが必要か。キャプテンそれぞれが思いを伝えていく。

大島優子「まあそんなこといったらKなんて、板野も秋元もいなくなったら、ほんとにKっていうものもなくなるし」

梅田彩佳「別に、じゃあいいですみたいな子がちょっと多いから、Bは」

穴井千尋「バラエティ班っていわれる人はいるけど、それをフォローする人が誰もいないし」

山本彩「結構今年でいろんな動きが多くて、卒業とか、移籍だったりとかで、すごい今ふわふわしてる感じというか」

高柳明音「今組閣したばっかりなので、まだチームのカラーとかもまだまだなので」

 

———メンバーの卒業や組閣など、変化のあったチームが多く、チームを背負う責任がキャプテンの言葉となって出てくる。

戸賀崎智信「チームをよくするためにはどんな人材が必要だと思う?もしくは現状のチームに足りてないものはなに?」

横山由依「補充するとしたら、今の考えやと若手ってことですかね?」

高橋みなみ「いやそこは全然キャプの想像だよね。だからどういうふうにしたいかとか」

横山由依「ちょっと大人な人が欲しいかも」

梅田彩佳「勢いある子を入れたいなっていう気持ちには、今回すごいなったなみたいな」

指原莉乃「MCができそうな子を、これから育てます」

山本彩「たとえば公演で飛び抜けるような子が、公演ですごい良さを発揮できるとか」

中西優香「絶対条件として、一生懸命な子、がむしゃらになれる子」

松井玲奈「その子がポンって1回しゃべるだけで誰もが名前を覚えちゃうような」

大島優子「だったら、もうめちゃくちゃフレッシュな若い、生き生きとした子が欲しい」

 

———頷ける意見。意表をついたアイデアが飛び交う。もっとなにかが必要であることを、キャプテンは肌で感じているのだ。

f:id:intothebunker:20130809212014j:plain

 

———AKB48グループドラフト会議開催決定。キャプテンと支配人が直接候補者を指名する公開オーディションである。11月10日、プロ野球のドラフト会議と同じ会場(新高輪プリンスホテル)で、AKB48グループドラフト会議を行うことが決定した。ドラフトで指名され、チーム決定をした候補者は正規メンバーとしてのチーム入りが約束される

ドラフト会議、それはプロ野球を夢見てきた選手たちの運命を決める場所である。AKB48グループに入りたいと願う少女たちにも、この場所が聖地となる。

清原和博AKB48グループドラフト会議。運命を目撃せよ」

 

以上が動画の内容です。ただし発表後、運営側から訂正が入りました。指名され入団交渉が成立した者は、「正規メンバーとしてチーム入りが約束される」のではなく、「指名したキャプテンのチーム所属の研究生になる」とのことです(参照)。これ以上の詳細は明らかになっていませんが、従来的なスタイルのオーディションは続けるものの、戸賀崎総支配人は「反響によっては、総選挙やじゃんけん大会のような恒例行事になることも考えています」と語っています(参照)。

いろいろと疑問だらけなのですが、これ以上のことは明らかになっていないので(というか決まってないのでしょう)、なんとも言えません。まず「チーム所属の研究生」という新たな身分ができるので、研究生制度が変質することは間違いないでしょう。どうなるのかまったくわかりませんが、今の頑張っている研究生たちが割を食うことのないよう、切に望みます。

 

追記

この記事をせっせと書いている間に、オフィシャルブログで詳細が発表されていたようです。「ドラフト指名され、チームを決定した候補者は、各チームに加入し、『ドラフトメンバー』として活動をしていただきます。(各チーム毎の加入人数は未定)」「本ドラフト会議にて加入したメンバーは、(グループに所属している今までの研究生とは違い、)チームに所属し、新たに設けられた『ドラフトメンバー』して、チーム毎のレッスン、劇場公演等の活動に参加していただきます」とのこと。うーん、アンダーみたいな感じになるんでしょうか。昇格は約束されているのか、セレクションはあるのか。既存の研究生との兼ね合いは。今回の発表でもまだよくわかりませんので、実際に動かしてみないとわからないといったところかもしれませんね。

ちなみに、応募条件を見てみると、年齢は11歳〜18歳でプロダクションに所属していない者、そして合格後所属先に通える者。特に即戦力を求めるといった感じでもありません。それにしても、どこに指名されるかもわからないのに、合格すれば間違いなく所属先に日常的に通える11歳〜18歳って、どれぐらいいるんでしょうか。

なお、開催告知映像の差し替え版YouTubeにアップされたようです。

 

さらに追記

わさみんがブログを更新しています。非常に率直な感想だなあと思いましたので、一部転載。

AKB48ドラフト会議…とな

 

これは一体どんなものなんでしょうか…詳細がまだわからないので待機ですな!

 

正直発表があった時はとってもショックでした。

私たちは…?

あはは(._.)

そんなに戦力になってないですか(._.)?見込みもない?

少し見たらあーだめだ、じゃなくてもっともっと今いるメンバーをみてほしい(._.)

悔しいことばかりです。

つらいです。

正規メンバーってなに?

私たち正規メンバー?

頑張りたいよ…

 

でもでもきっとこのドラフト会議は

グループの為になるのかな?きっとなりますよね!

いい方向に変わっていけるように頑張ります!

 

チームBに新しい仲間が増えるかもしれない、ということはとても楽しみにしたいです(^O^)