新たな表情、新たな一年(2013/6/22 研究生18:00公演)

15期生の中では、私は福岡聖菜ちゃん(せいちゃん)がなんか気になるので特に注目しています。ユニットは「鏡の中のジャンヌ・ダルク」なので、その後のMCにも参加しています。このときのお題は「楽しみで仕方がないこと」。うめたんが「ヘルメットヘアー」トークでせいちゃんの名前を挙げたとき、驚いたようなこの表情。目を見開いたこういう表情、はじめて見た気がします。

 

f:id:intothebunker:20130624034224j:plain

f:id:intothebunker:20130624034230j:plain

f:id:intothebunker:20130624034251j:plain

梅田「私はですね、ヘルメット仲間を見つけることです。ヘルメットとは、私、髪の毛がこけしみたいってよく言われて、それがヘルメットっぽい、なんか『帽子かぶってんの?』みたいな感じでよく言われるんですよ。そしたらですね、最近、仲間候補を見つけまして。今のところ仲間は2人と1匹いるんですけど」

北澤「1匹?」

梅田「ワンちゃんです。犬です。ママの友達のワンちゃんが、すごいアフロみたいな、(会場『ぐぐたす見た!』)ぐぐたす見た?そうなんですよ(会場笑)。そうなんです、それに載ってます。それで、見つけたんですよ。そしたらですね、福岡聖菜ちゃんと、みぃちゃんです(会場笑・拍手)」

峯岸「なになに?私関係ないんだけど。私そんな、ヘルメットほどまだないし(会場笑)」

梅田「あの、聖菜ちゃんは、ちょっとおかっぱじゃないですか。私、昔そんな感じだったんですよ。だから、私がなってるからなるかなみたいな」

峯岸「どうする?うめたんの仲間なる?どうする?(せいちゃんの目元を触りながら。ゴミかなにかをとってる?)」

梅田「なんでそんな嫌みたいな感じで言うんですか(会場笑)」

福岡「ヘルメットは嫌です(会場笑)」

峯岸「嫌だよねぇ」

梅田「でも、なるかもしれないから」

前田「候補ね、候補」

梅田「そう、候補。今、候補だから大丈夫だよ。私が仲間だねって言ったら仲間になっちゃうけど、まだ候補だから大丈夫」

峯岸「腕のいい美容師見つけよう、腕のいい美容師(会場笑)」

梅田「で、みぃちゃんが、たぶん、今のところ伸ばしてるとなっちゃうなみたいな感じ(会場『あー』)。見てて、私ちっちゃいころ、ちっちゃいころからそうなんですよ。髪の毛ペタンってなったことなくて、ボーンだったんですよ。だから、ちょっと・・・」

峯岸「じゃあ今の私の状態、うめたんの昔みたいなの?」

梅田「そうです」

峯岸「まじで?昔なんか反省したの?(会場笑・拍手)」

梅田「反省してない!待ってください、でも聞いてください。私、1歳半ぐらいまで髪の毛生えてこなかったんですよ。だから、ちょっと候補に入れてます」

 

うめたんの話のときもそうでしたが、みぃちゃんはせいちゃんをかわいがってるような感じがして、なんかいいですね。

f:id:intothebunker:20130624034320j:plain

福岡「私はですね、最近通販でお洋服買ったんですよ」

峯岸「リラックスリラックス」

福岡「お洋服を買ったんですよ。それが、まだ、なんか、予約中で、全然届かないので、それが届くのが楽しみです(会場『かわいい!』)」

峯岸「かわいらしいねぇ。じゃあ洋服、どんなの頼んだの?」

福岡「ピンクっぽいやつです」

峯岸「あら、かわいい。じゃあ握手会とかで着るのかな?」

福岡「わかんないです(笑)」

思えば、耀ちゃんにも最初こんな感じの対応だったような気もしますw

 

「キスして損しちゃった」後MCでは、「今一番行きたいところ」がお題。

f:id:intothebunker:20130624034416j:plain

福岡「私、なんかお家続きのところ悪いんですけど*1、イタリアに行ってみたいです。パスタとかピザとか、いっぱい食べたいです(会場笑)」

梅田「えー、意外だね」

北澤「意外だよね」

村山「でも英語しゃべれそうだね。イギリス語って、アメリカ?(会場『えー!』)・・・違う違う違う」

梅田「あ、バカだ。しゃべらない方がいいよ」

村山「イギリス語って・・・なに?ブラジル?」

梅田「ダメだ。もうしゃべるな」

前田「イタリアに行きたいんでしょ?」

村山「英語だっけ?」

梅田「まだ言ってんの(会場笑)」

村山「あれ、言葉が知りたかった。大丈夫でーす」

 

完全にゆいりーに持っていかれましたがw そんなおバカなゆいりー、荒ぶってます。

f:id:intothebunker:20130624034425j:plain

橋本「私は、外国なんですけど、アイスランドに行ってみたいんですよ(会場『おー』)。なんかおいしそうじゃないですか(会場笑)」

村山「耀、耀。そこは何語?」

橋本「えっ、アイスランド語?(会場笑)」

村山「もー、バカ丸出しだなぁ」

橋本「英語でいいじゃないですか。世界共通語なんで」

村山「そうなんですか?」

橋本「えっ?!そうだよ?!」

村山「いやいや、違うよ違うよ。チリとか行ったら絶対・・・」

梅田「ダメだ!言うな!もうしゃべるな!」

と、自分が言われた言葉を他人に使ってみたゆいりちゃんですが、残念ながらアイスランドアイスランド語ですw *2

うめたんのキレのあるツッコミに笑ったw

 

さて、この公演は橋本耀ちゃんの生誕祭でした。

f:id:intothebunker:20130624034433j:plain

橋本「まず15歳は、今年は、まだAKBに入れるか入れないかわからない期間?オーディションぐらいのときで、正直不安で、正直言っちゃえば、自分はダメかなとか思ってたりしたんですけど、こういうふうに、今、この秋葉原の劇場に、立たせていただいて、ほんとに・・・(涙、会場歓声&拍手)。思ってなかったから、だから、家族も驚いてたし、自分入れると思ってなかったから、だから、私を選んでくれた人や・・・ん?(会場笑)。私を迎えてくれた先輩の皆さんや、一緒に頑張った同期の6人、ありがとうございます。私はいつも元気にっていうのをモットーにしてやってるんですけど、あんまり元気に見えないとか(会場『見えるよ!』)、ありがとう(会場笑)。もうちょっと元気でいいんじゃないとか、握手会で言われるんですけど、自分は元気よく頑張りたいんで・・・(会場笑)。で、やっぱり、後輩も今入ってきて、正直不安で、自分が先輩でいいのかなとか思うんですけど、たとえ列が後輩より後ろのポジションでも、同期より下でも・・・(会場笑)、すぐ見つけていただけるような元気なパフォーマンスをして、今年は、もっと橋本耀っていったら顔と名前がちゃんと一致するくらい、目立てるようにいきたいです(会場拍手)」

良いコメントだったのでまとめてみました。「AKBに入れるとは思っていなかったのに、今この秋葉原の劇場に立てていること」ということに言及したあたりで、少しぐっときました。

*1:せいちゃんの前に、さっきーが美月ちゃんのお家に行きたい、美月ちゃんがさっきーのお家に行きたい、という話をしていました。

*2:ゆいりーは「ジェネレーション・ギャップ」も何度かステージ上で誤用していますw