みおんたんぼう⑥

第6弾。今のところ最後の予定です。これまで「踊る大捜査線 THE MOVIE 2」(2003年)、「SMAPxSMAP」(2005年)、「医龍」(2006年)、「アンフェア the movie」(2007年)、そしていろいろなCMを取り上げてきました。これ以降、Wikipediaによると、2008年には映画2本、2009年には2時間ドラマ1本に出演していますが、いずれも手に入らず。最終回は、少し時期は飛びますが、2011年に放送された「アンフェア the special ダブル・ミーニング—二重定義」を取り上げます。

 

役どころは前回も書いたとおり、主人公である雪平夏見(篠原涼子)の娘、美央ちゃん。しかし、この「ダブル・ミーニング」はスピンオフシリーズで、主人公は雪平ではなく雪平の後任としてやってきた北乃きい演じる新人刑事、望月陽となっています。なもんで、美央ちゃんほとんど出てきません。最後の最後になってようやく登場します。Wikipediaが間違ってるのかとひやひやしました。まさかのエンドロール後の登場。まあそれでもドラマ自体はおもしろかったので全部見てしまいましたが。

 

2011年ですので、このとき美音ちゃん13歳。ほんの2年前のことなので、もうかなり今の美音ちゃんです。という言い方も変ですが。

f:id:intothebunker:20130622043942j:plain

f:id:intothebunker:20130622043947j:plain

f:id:intothebunker:20130622043955j:plain

f:id:intothebunker:20130622044002j:plain

 

ところで、同じ2011年には劇場版第2弾の「アンフェア the answer」が公開されました。こちらには美音ちゃんは出演していませんが、舞台挨拶に美音ちゃんも駆けつけたようで、東宝のホームページにその様子が載っています*1篠原涼子が「これからが楽しみですね」と言っていますが、美音ちゃんの「これから」はAKB48の一員として見れることになったわけです。監督は「二代目雪平になるんじゃないかな」と言っていますが、そう遠くない将来、本当にそうなるとおもしろいですね(同時に、監督は「これで終わり」とも言っていますが)。あと、篠原涼子も「美音たん」って言ってておもしろかったですw

f:id:intothebunker:20130622044400j:plain

*1:ちなみに、動画Youkuにアップされていました。