たのとむの絆(2013/3/8 チームA公演)

f:id:intothebunker:20130309000025j:plain

はい、大成功でしたw

本日は3月7日に16歳の誕生日を迎えた田野優花ちゃんの生誕祭でした。田野ちゃんといえばとむ。武藤十夢ちゃんが田野ちゃんに手紙を書きました。読み手は岩田華怜。*1

ですが、その前に1つ。ケーキが出てきた後に、

岩田「はい、まさか私だと思ってなかったと」

田野「さっき誕生日聞いてきたよね?(会場笑)」

岩田「あの、台本に書いてなくて(笑)」

 

そんなすっとぼけたエピソードも挟みつつ、

f:id:intothebunker:20130309003231j:plain

岩田「優花へ。優花!16歳のお誕生日おめでとう。優花とはじめて会ったのは、ちょうど2年前くらいだよね。そのときはまだオーディションの途中で、はじめて会ったときは背が小さくて小学生かと思ってました(笑)。はじめは全然仲良くなかったのに、気づいたらよく一緒にいるようになった気がします。優花はAKBに入ったときから、ダンスも歌も、なんでもできたよね。なのにいつもスタジオで練習してて、すごいなと思ってました。『今日、家泊まれるけど、来る?』と言っても、『今日は明日やる曲の練習しなきゃいけないから』と言われ、今まで3回は断られました。もう家来る気ないでしょ!(笑)でも、優花のそういう、常に上を目指しているところは本当に尊敬します。総選挙のときはびっくりしたよね。まさか2人で順位をもらえるなんて思ってもいなくて。私はちょっと感動してたのに、モニターに映った優花は怒ったような顔をしてて、なんだか笑ってしまいました。そういえば最近ゆっくり話す機会ないよね。1人で悩んだりしてない?これでも、少しは気にかけてるんだよ(笑)。自由奔放で、負けず嫌いで、普段は子どもみたいなのに、ステージの上では誰よりもすごいパフォーマンスをする優花が、皆大好きなんだよ。だからこれからも自分の思ったとおりに夢に向かって進んでいってください。行き詰まったら私を頼ってもいいから。一緒にこれからも頑張っていこうね。あと、近いうちにまた遊ぼう。皆さん、これからも田野優花を、そして"たのとむ"をよろしくお願いします。武藤十夢」("たのとむ"のところで会場から大きな歓声と拍手)

 

岩田「今年どんな1年にしたいですか?」

f:id:intothebunker:20130309003521j:plain

田野「私は特に、1年歳をとるにつれて『次の年はこうしよう』とか『ああいうふうにしよう』とか、具体的な目標はあんま立てないで、今までどおり、今自分に与えられている仕事を、できることを、悔いの残らないように一生懸命やろうって決めてるんで、16歳も今までと変わらずに、健康に気をつけて、こうやって皆の前でパフォーマンスできたらいいなって思います」

岩田「優花はそのままが一番だよ(会場笑)」

田野「照れるなあ。ありがとう(会場笑)」

岩田「どういたしまして。ということで、今日、こうしてサイリウムを振ってくれたり、たくさんの声援をしてくれたり、今日まで準備をしてくださったファンの皆さんに一言お願いします」

田野「戸賀崎さんのぐぐたすにもあったように、もう本当にお花とか、もうすごい待ちきれなくて、ずっとロビーに張りついてたんですよ(会場笑)。もうほんとにかわいくて。サイリウムも、3色?何色か忘れちゃったけど、本当にありがとうございます(会場拍手)。皆さんの自分の時間を削ってまで、こうやっていつどの曲で何の色のサイリウムを振るかとか、お花のデザインとか、考えてくれたんだと思うんですけど、本当に自分の時間を削ってまで素敵な生誕祭を開いてくれて、本当にありがとうございます。嬉しいです。これからもですね、まあ私は喜怒哀楽が激しくて(笑)、本当にファンの皆さんに迷惑ばっかりかけると思います、これからも。先に言っときます(会場笑)。それでも、こんな私を応援してくれているファンの皆様がいて、本当に感謝でいっぱいです。これからもよろしくお願いします(会場拍手)」

 

立派な挨拶でした。

 

ところで、高橋朱里ちゃん。かなりおもしろいですね。喋り方もおもしろいですが、話の展開の角度がすごいww

f:id:intothebunker:20130309002049j:plain

高橋「私と菊地さんだけが知ってる『せ』事件っていうのがあって、最近起こったことなんですけど、人間って漢字とか英語は間違えるじゃないですか、書くとき。平仮名間違えたんですよ!(笑)」

河西「どういうこと?」

高橋「平仮名の『せ』あるじゃないですか。こう書くじゃないですか。菊地さん、ここ〔一画目の横棒〕跳ねたんですよ」

菊地「そう、なんか跳ねちゃってて、あれなんか違うなって思ったの。そしたら朱里がいきなり笑いだしたから、『あっ、朱里でも気づくんだ』って(会場笑)」

高橋「これ一画じゃないですか。一画目なのに気づかないで、最後まで書くんですよ。で、変だなって。でも、あるときはリハーサルとかでもかけ声かけてくれたり。なんかそのギャップですかね。姉御・・・(菊地笑)」

河西「それどんなギャップ?そういう平仮名間違えちゃうお馬鹿さんだけど、皆のことをまとめてくれるっていうギャップ?それ、あんま説得力なくない?(会場笑)大丈夫?『せ』間違える人にまとめられちゃってるけど大丈夫?(会場笑)」

高橋「そういうところが好きなんですけど。私お姉ちゃんだと思ってて、菊地さんのこと。だから私もおしゃれになります」

菊地「へ?」

高橋「菊地さんみたいにおしゃれになる」(「ガラスのI LOVE YOU」後MC)

 

そりゃ周りも置いてかれるわw

*1:上のとむの投稿にとむがコメントしたところによると、「でも優花には手紙書かないよって言ってたから最初優花は華怜だと思ったんだって~( ̄▽ ̄)笑」だそうですw